ネッシーあやこ

1981年群馬県生まれ 東京都在住 武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科卒業
銭湯のおねいさんバスの添乗員コンテライター等を経て現在は主に イラストレーターとして活動中

Twitter
今までのお仕事・作品等はこちらからどうぞ
アドレス nessieayako●gmail.com(●→@)




ドローイング1(Tumblr)
ドローイング2
ドローイング3
ライブペインティング
食べ物と自然物による遊び・創作ケーキなど

※「パパイヤ檸檬」 から 「ネッシーあやこ」へ 改名いたしました
過去のブログHP (パパイヤ檸檬時代)


Copyright ©2011 NessieAyako. All Rights Reserved.
目の前に食指の動くものを置いておくのは 健全に立ち回れるときだけに限るね。
普段の生活では見る機会すらごくわずかなはずの分厚いお肉たちが
親知らずの抜歯後目の前にある、という事象がなぜか続いています。
これもひとえにわたしのせい。

ちなみにこの前は、直前の晩餐でプチ贅沢がしたくなって
ラム肉の串刺しを頼んだら30分くらい待たされ、
歯医者の時間に間に合わなくなってやむを得ずテイクアウトをして抜歯をして帰り
帰宅後そのラム肉の誘惑に負けてうっかりほおばった、という流れ。

a0207705_1241394.jpg


ラム肉の焼き時間なめてた。
注文時に「今からじゃもう間に合わないよね」っていう
平常心な先読み感覚があったら。



ところで。

わたし親知らずは横に生えているの含め3本ほど
抜いてるんですが、抜いた感想は
「おもったより元気だなぁわたし」
それにつきるのかもしらん。

痛みにわりと鈍感なのか強いのか医師の腕がすこぶるよかったのか。
真相はようわからんのだけども。

でもまあ、日常時に比べたら明らかに異常値だろう痛みと常に同居をする生活を
へたしたら1週間近くは余儀なくされるわけですしもう、抜かなくてすむんなら
延々とこの儀式をスルーしつづけ生きてたかったとおもわなくはなかった。
見慣れない抜歯機具一式にも目がえええーってびびるし。

だけどそこまで狂おしい痛みかというと、そうではない気がしてて。

というか。世の中には痛みという痛みをぼやかしてくれる麻酔薬や痛み止めなどの
文明の恩恵が装備されまくっているので、それらをフルに使い、
それらとそれなりに相性もよろしけりゃー「あれ、別に全然平気じゃん」って
いう境地でも充分に生活ができるなあと。思ったんです。

そう。こわいのは、抜歯後の痛みそのものではないの。
抜歯後のヤク切れ。ヤク切れだよ。あと肉。

分厚い肉はほんとだめだな。


かしこ





© 2014 NessieAyako. All Rights Reserved.

[PR]
by papaiya-lemon | 2014-01-08 01:33 | たぶん日々の日記
<< さむすぎるからもう、春のことで... ピエロ氏のドーランとったとこの... >>


カテゴリ
全体
たぶん日々の日記
たぶん日々の雑記
たぶん北京の日記
たぶん講座の宿題
たぶん過去の日記
たぶん韓国の日記
たぶん旅写真
たぶんその他の諸々

以前の記事
2017年 02月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2014年 11月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2008年 02月
2008年 01月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧