ネッシーあやこ

1981年群馬県生まれ 東京都在住 武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科卒業
銭湯のおねいさんバスの添乗員コンテライター等を経て現在は主に イラストレーターとして活動中

Twitter
今までのお仕事・作品等はこちらからどうぞ
アドレス nessieayako●gmail.com(●→@)




ドローイング1(Tumblr)
ドローイング2
ドローイング3
ライブペインティング
食べ物と自然物による遊び・創作ケーキなど

※「パパイヤ檸檬」 から 「ネッシーあやこ」へ 改名いたしました
過去のブログHP (パパイヤ檸檬時代)


Copyright ©2011 NessieAyako. All Rights Reserved.
年に1度の「鷽替え」の大行列、行列がニガテな自分も並んでみた。
「並ばずに食べられる、味はまあまあなラーメン屋」と
「並ばないと入れない、すごーく美味しいラーメン屋」の2択ならば
「並ぶ」の労力に耐えかねて前者を選びがちです。

行列に並ぶという行為がとにかくとにかくニガテ。

そんな自分ですがなぜか土曜日という休日の大半をかけ、木彫りの
小さな人形を手に入れるためにものすごい長い行列に並んでみました。





それでも木鷽に会いに行く


「木鷽」というものをご存知でしょうか。

さっくりと言うなら、鷽という小鳥をかたどった
木彫りの小さな人形です。

a0207705_20421060.jpg


a0207705_119999.jpg
小さいサイズは手のひらにのっかる。


そんな「木鷽」ということばをわたしが知ったのはわりと最近のこと。

知人の家で某雑誌の郷土玩具や民芸品などを特集した号を見ていた時
その姿をはじめて見て、そのとぼけた顔にくおーっと脳みそをつかまれた気がして
思わずiPhoneのメモアプリに「木鷽」って文字を走らせていました。

そしてその数ヶ月後に教えてもらったのが「鷽替え」。

鷽はかの菅原道真公が愛した小鳥なんだそうで
そんな道真公をまつるいくつかの神社では年に一度だけ、木鷽を
手に入れることができる「鷽替え」という神事が行われているんだそう。

a0207705_6124928.jpg


「道真さん=太宰府」というわけで、木鷽も太宰府が本拠のようですが
東京でも数カ所ばかり道真さんをまつった神社(天神)はあり、
その中のいくつかは1月25日に「鷽替え神事」の実施があるとのこと。

a0207705_4405576.jpg


そう。この木鷽さん、ネットを介せば遠隔地での買い物もだいぶ容易に
なりはじめたこのご時世の中、当日神社に行った人だけしか買えない。
年に1度のことだから数もけして多くはなく。

さらに、今年の鷽替え神事の日はちょうど土日にあたり、
メディアでも幾度かとりあげられていた様子もあり。

と、ちょっと考えただけでものすごーく混みそうな予感が
むんむんとするわけなのです、が


なんか気になる。


行列の恐怖とまだ肉眼で見ぬ木鷽のことを脳内ではかりにかけながら
しばし悩みました。

さらに。先人の方のブログを読んでみたり色々と調べてみたところ
鷽替えを25日に実施する寺社のうち五條天神社湯島天神亀戸天神社
3つは近いといえば近く、梯子可能なロケーションということがわかり
梯子への衝動までも勃発。

全部行列な上に梯子。大丈夫なんだろうか。
一抹の不安が押し寄せますがそこは
わくわくする気持ちを上塗りして誤摩化してみるとか。
上塗りも、どこまで有効かはよくわからないけど。
ああ、でも気になる。

a0207705_613772.jpg
おし、もうこうなったら好奇心に勝利の軍配をあげよう。




さて、当日。

7時にかけたはずの目覚ましを何度かスヌーズさせて
しまいつつも飛び起き、防寒をばっちりにいざ出発です。

同じく梯子をもくろむ友人と連絡をとりあいつつ、
わたしは五條天神社、友人は湯島天神へと向かいました。

a0207705_6132529.jpg







五條天神社 〜小さな神社がウソみたいに混雑をする日〜


さて。上野駅公園口に8時15分到着。

公園内をすごすごと歩きつつ、行列に耐えうるために
周囲の景観を逐一視界に取りいれてテンションをあげていきます。

a0207705_1201510.jpg
K A N S A N
(さみしい光景は英語にしてみる)


a0207705_1202288.jpg
千代の富士の手形に手をあわせてみたりもする。でっかい!


a0207705_1221781.jpg
葉に落ちた鳥のフンが反転したパンダみたく
見えるという偶然性へ心をときめかせてもみたり。
上野というロケーションならではの展開です。


a0207705_1202925.jpg
ツバキの花全盛。冬に咲く花って元気でるよな。


a0207705_121576.jpg
途中の道にちまちまと地図があるのがありがたいところ。


a0207705_1211556.jpg


花園稲荷神社を発見。この奥が五條天神社です。

a0207705_1214155.jpg

a0207705_1214992.jpg

a0207705_6275940.jpg

a0207705_1231314.jpg


あの、新宿の花園神社などもそうですが
この鳥居がいっぱいいっぱい連なっている感じって
どうにもわくわくします。

で、花園稲荷神社でお参りをしその横にある
五條天神社にふっと目をやったのが8時30分。


a0207705_1253447.jpg

ひょ、ひょええ。




すでにもう、100人強とおもわしき列がなされていました。


a0207705_614191.jpg



とそこに、湯島天神に8時25分に着いて並び始めたという友人から
「湯島は9時からの配布が前倒しになって、
8時30分からはじまったよー!」と連絡が。

お、おおう。きっと混み具合のせいですよね。
混み過ぎでいるのか。前倒しってすごいな。

湯島には、五條のあと自分でも出向くつもりでいたのですが、売り切れが
心配だなーということで思わず「わ、わたしのも買っておいて。」とお願い。

a0207705_146143.jpg
そして買ってもらいました。
(この写真は友達からの「買ったよ!」報告。)




そして9時。五條のほうも配布がはじまりました。
a0207705_1265745.jpg
太鼓が一音なると共にスタート。


a0207705_1264674.jpg

その時点でわたしの後ろにも、もはや100人は越えているだろう行列。




小さな神社に200人強の人間がずらずらーっと並ぶその様は
われにかえってみると相当異様な光景。

並んでいる人からは、「今年は例年より混んでるな〜。」の声もちらほら。

そして25分くらい経ったころでしょうか。
わたしの手にもついに木鷽さんがいらっしゃいました。

a0207705_1273162.jpg

手のひらにすっぽり。サイズはひとつのみです。



ふ、ふおおおおおおおお。


ちなみに。去年までは1人2体の購入が可能だったようですが
今年は1人1体になっていました。そのため、


a0207705_6192123.jpg

前日に友人から言われていたことが、まさか本当になってしまうとは。







湯島天神 〜受験シーズンの絵馬群を、あなどることなかれ〜


と。1体しか買えなかったことにかなりショックをうけつつも
湯島の近くでコーヒーを飲んでいる友人のもとへと急ぎます。

ざっくり言うと不忍池のふちを歩いているとそこに着くらしい、と
わかったので、そんなかんじで。


a0207705_1472612.jpg
不忍池の蓮の枯れ跡が妙に圧巻でした。


a0207705_1474654.jpg
あ、金のクマの土左衛門が!


a0207705_1495581.jpg
………。



おもわず写真を撮る・眼鏡かけて眺めるなど、うっかりちょっと
見入ってしまいましたがさて到着。自分もコーヒー休みをしつつ
さっき買った木鷽を見せあいます。

と、ここで。

まさかの金の木鷽さんの登場!!

a0207705_211180.jpg


a0207705_6143381.jpg


a0207705_5135855.jpg
銀の上に金を貼りましたよね。
作業工程が、ふんわり目でみてとれるなあ。



不意打ちの幸運の暗示。

そんなほくほくした10時ちょっとすぎ。湯島天神を偵察に行きます。
鷽さんはもう手に入れたあとなので様子を伺うのみ。

a0207705_23577.jpg

a0207705_233581.jpg


にしても。さすがの受験シーズン東京ど真ん中!と
いわんばかりの絵馬の大群にもう、目が飛び出そうです。

a0207705_214040.jpg

a0207705_215515.jpg

a0207705_22423.jpg
た、垂れ下がりはじめているけども。



木鷽の購入は、この時点ではわりとスムーズな雰囲気に
なっていらっしゃいました。五條とは異なり、複数人が
同時購入可能なしくみなので行列がはけるのも早そう。


さて。ここからバスに乗り亀戸天神社に向かいます。

a0207705_6173921.jpg




亀戸天神社 〜スカイツリーと梅の花、折曲がる行列〜


さて、大平三丁目で降りてここからは9分ほど徒歩。

a0207705_6151694.jpg


大通りなのでそんなに迷うこともなく到着しました。

a0207705_211845.jpg


a0207705_2215280.jpg


さて。
たぶんここが、本日いちばんの大行列の予感なんですけども……

a0207705_2203587.jpg

a0207705_220436.jpg


すでにもう、こんなことになっていて目が飛び出ました。


a0207705_615308.jpg


11時に待ち合わせをしていたもう1人の友人とも無事に落ち合い
3人でこの長ーい行列に向き合います。

a0207705_2405132.jpg

a0207705_2212094.jpg

a0207705_2411815.jpg
わ、咲いてる!


遠くに見えるはスカイツリー、境内のところかしこに植えられた
梅の花の一部はすでに咲き始めていてほんわり。

ああ、そうか。そういえば。
道真さんは、梅の花がお好きだったから、
道真さんに由来した神社=梅の花、なんですね。
梅干しのタネの中の白いやつのことを「天神さま」って呼ぶのも。

a0207705_223314.jpg

a0207705_3353454.jpg
よく見るといたるところ、梅がかたどられています。


と、さて。折曲がった行列もやっと中盤戦を越えて
やっとゴールが目の前。

a0207705_2271160.jpg

a0207705_2241777.jpg

鷽の大きさ表なるものが右手に見えてきました。


a0207705_2252183.jpg

そしてその近くに「ご自由に」と置かれているサイズ表も。
裏にも読み物があったりで、つい手に取りたくなります。


a0207705_2261989.jpg

販売所の少し手前には、去年の鷽さんをお返しする場所も。
大理石(たぶん)の元に続々と集まってらっしゃる。



と、並んでから1時間ほど経過した12時すぎ。
7人1組に、との警備員さんの支持のもと順番に販売所へ
向かいます。

a0207705_2274299.jpg

や、やっとこだーーーー。



皆一目散に鷽さんに向かっています。

a0207705_2282343.jpg

a0207705_2423653.jpg
サイズさまざまな鷽さん、一様に並ぶとまたその姿がなんとも。


a0207705_3232590.jpg
巫女さんたちが手元にある「鷽のサイズ表」みたいなので
逐一サイズを確認しつつ販売していました。
時々間違えそうになりながらいそいそとしている姿が
なんともいじらしくて萌えます。



と。どれを買おうか悩んでいるところに威勢良く
やってきたおばさん。

a0207705_616293.jpg


「鷽替えのたびに毎年どんどん大きいサイズに買い替えて
いくものとはつゆ知らず (※そういうルールもあるらしいです。)
数年はずーっと1番小さいのを買いつづけていたのだけど、
ここ何年かは年々大きくしていっているのよ。」

ということだったので、この方おそらく10年選手なんだなーと思いました。

毎年、行列に耐えて鷽を買う……がもはや習慣化しているんでしょうが、
なんだかそれ、まだまだわたしには全然想像がつかない。



鷽さんを買ったあとは参拝をして。

a0207705_3222297.jpg
と、ここにも特大の鷽さん。買ったらいくらくらいするのでしょうか。
わたしは16万と予想しているんですがはたして。



おみくじは、数種類あったのですが
その中のひとつはやっこさんの形をしていました。

a0207705_2311023.jpg
折り方を覚えていないので開き方がよくわからない。


a0207705_2315173.jpg
そして開いたあとはもはやもう、もとの姿にはもどせず
やっこさんのパーツばらばら。




ちなみに。亀戸天神はその近くのポールが
鷽さんの姿をしているところにも注目です。

a0207705_233147.jpg


鷽さんの余韻に浸りきっている帰り道にこれを
見つけたときの興奮ったら。

a0207705_2331097.jpg

a0207705_2331911.jpg

a0207705_322388.jpg
興奮して、信号の先のよく見えないポールまで
激写してしまった。



散々懸念をしていた行列に関しては、我が身の足腰の弱さにちょっとびびりつつも
久々の友人と愉しくけらけらと談笑をしていたためか時間の長さもさほど感じること
もなく、ニガテ意識はどこへいってしまったのかというレベル。


a0207705_6162382.jpg




そんな本日、我が家に迎え入れた木鷽さんたち。

a0207705_3194949.jpg

a0207705_32047.jpg

五條天神社の木鷽。赤・緑の配分がいい。


a0207705_3203813.jpg

a0207705_3205818.jpg

湯島天神宮の木鷽(小)。ひょうひょうとした顔つきがいい。


a0207705_3211963.jpg

a0207705_3213964.jpg

亀戸天神社の木鷽(2号)。ほ、微笑んでいるみたいだ。
ちなみに、後ろの紙の右下に書いてあるのは抽選番号で、
これ当たると「金の鷽」がもらえるんだそう。



a0207705_30890.jpg
これも亀戸天神社の木鷽(0号・懐中用)。ち、ちいさーーーーっ。



a0207705_5202397.jpg




行列には、テンションを高揚させきって挑めばよいのか


そんなわけで。行列ニガテ!とか散々思っておきながら
そのニガテ感をものともせずに無事木鷽を買ってくることができました。

同行してくれた友人の力もかなり大きいのですが
ニガテ意識にわくわくする気持ちを上塗りして誤摩化してみるというのが
かなり効力を発揮していたようで、終盤では「誤摩化す」という思考すらも
忘却してニガテ意識そのものが消失しかけていたのにはびっくり。


というわけで。

今後行列にはテンションを高揚させながら生き生きと挑む方針でいきます。
同行してくれる人がいたら尚よしですが、ひとりでもがんばれたらなあ。




追記

今回梯子したすべての寺社でおみくじを引いてきました。
4つも引くとだいぶ矛盾点が出てきますね。

a0207705_5504819.jpg

待ち人。「たよりなし。来る」「来ず。音信あり」
……ってまったく逆じゃん。どっちだよ。


ところで「待ち人」って、具体的にはどのあたりを言うんですかね。
長年見てきたけど実はあんまりよくわかってない部分かもしれないです。

a0207705_3215540.jpg

ぜんぶ集合。



© 2014 NessieAyako. All Rights Reserved.

[PR]
by papaiya-lemon | 2014-01-28 07:59 | たぶん日々の日記
<< 「二階から目薬」 について、い... かまぼこ板のゴミじゃなさについて。 >>


カテゴリ
全体
たぶん日々の日記
たぶん日々の雑記
たぶん北京の日記
たぶん講座の宿題
たぶん過去の日記
たぶん韓国の日記
たぶん旅写真
たぶんその他の諸々

以前の記事
2017年 02月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2014年 11月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2008年 02月
2008年 01月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧