ネッシーあやこ

1981年群馬県生まれ 東京都在住 武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科卒業
銭湯のおねいさんバスの添乗員コンテライター等を経て現在は主に イラストレーターとして活動中

Twitter
今までのお仕事・作品等はこちらからどうぞ
アドレス nessieayako●gmail.com(●→@)




ドローイング1(Tumblr)
ドローイング2
ドローイング3
ライブペインティング
食べ物と自然物による遊び・創作ケーキなど

※「パパイヤ檸檬」 から 「ネッシーあやこ」へ 改名いたしました
過去のブログHP (パパイヤ檸檬時代)


Copyright ©2011 NessieAyako. All Rights Reserved.
<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
思いつかない年賀状案からの現実逃避としての、ホームセンターに馬が沢山いるという妄想など。
例年通りなんですけど年賀状の制作が非常に難航してます。


馬。どう描こうか。


馬への思いを馳せに馳せながら過ごす限りある日々のなかで
身の回りのものがみるみる馬に見えてきて仕方ないです。

先日ホームセンターに行った折などもそう。

「ああ、これは馬にしか見えない!」「ああ、馬がいる!」
「うおーこれはどう見ても馬の群れにしか見えない!」


とかとか。思いつつ勢いよく写真を撮りまくること数十回、
置いてあるものを撮るだけでは飽き足らずに手に取って撮ることも多々。
そしてその写真を眺めて「あれ、な、なんだこりゃ!」と我にかえる数日後の沈黙。


で、でもまあ。せっかくだし馬の絵でも重ねてみます。
たぶん、シャッターを切る瞬間にはこう見えたんだな、というかんじで。


a0207705_238770.jpg

シャワーノズル①  口先部分がかなり足りない。




a0207705_2352646.jpg

シャワーノズル②  集団になればそれっぽく見え…  見えないか。




a0207705_235828.jpg

手桶  色はいいんだけどな。丈がざんねん。




a0207705_2351969.jpg

サンバイザー  角度にぴんときたらしい。




a0207705_2355665.jpg

なにこれ、スプレー缶?  角度にぴんときたらしい。




a0207705_2362925.jpg

給水器  透明なのがざんねんだ、って思ってた気がする。
でもたぶん、そういう問題ではないんだろうなー。





a0207705_235114.jpg

スリッパ  色と形状の2項目はクリアしてるなあっておもった。





a0207705_236176.jpg

ドライヤー  角度と形状はクリアしてるなあっておもった。





a0207705_2363881.jpg

ビニールひもをぽんぽんにするとこうなります的な見本  おしり!



a0207705_23771.jpg

電動ドリル①  馬の群衆。



a0207705_2365140.jpg

電動ドリル②  さらに馬の群衆。馬小屋で餌を待ちわびているイメージ。





おまけ  

馬以外(のものに見えるもの)もあった。



a0207705_2372850.jpg

消化器  餌に群がるヒナのくちばし。



a0207705_2373435.jpg

マッサージ器  ベンチに座る中年のカップル。(スポーツ後)







© 2013 NessieAyako. All Rights Reserved.

[PR]
by papaiya-lemon | 2013-12-28 07:50 | たぶん日々の日記
タクシーのうんちゃんの鬱屈と、わたしの鬱屈は表裏一体だった的なことです。
昨日。終電が出たあとの中野から自宅まで歩いて家に帰るつもりが
早々に断念をしてあっさりとタクりました。

んで降車のおりタクシーの運転手のひとに1000円払ったら

「ぼくは1日500円だけで食生活をおくっている」

という説明をえんえんとはじめられてしまいました。

で、そこから数分降車できずに話を聞く羽目になりましたのですが。

おっちゃんめ。凝り固めていた自己顕示欲を1000円を見た瞬間に思い出して、
タイミングよく目の前にいたわたしにぶつけたくなったんだろうなっておもいました。

「え、なんでなんでなんなの」っておもったんですが、

わたしもわりと似たようなことをしている時がある気がするので
気をつけなきゃいけないんだなーとしみじみ身につまされました。


a0207705_1015578.jpg


人に色々批判などを言われている時、その瞬間には
「え、なんでそれそう言われてるんだろう」って
思ってしまってたてついてしまうこともよくありがちなんですが

そういうの、あとで他人のなかにわたしと似たようなダメな点を垣間みた瞬間などに
ものすごくはっとなって、「あーしまった、そうかそうなのか」って自省することは
わりと多いので「他人のフリ見て我がフリ直せ」っていうか、うん。

今回は、批判からの「他人のフリ見て我がフリ直せ」へ行き着くタイミングが
迅速だったというかタイミングがすごくよかったから、これはたぶん
神様がいるとしたら、「さっさと反省しなさい」っていうことだったんだとおもう。

自制しすぎずに自省したいわ。

ちなみに。タクシーのうんちゃん、
味噌の値段を100円ちょっとだとか言っていたので
たぶん味噌にこだわりがあんまりない。


かしこ


あ、そういえばいっこ前の投稿で描いたイカのゆるキャラ。
もう1案ある。きもかわ。

a0207705_1018549.jpg


© 2013 NessieAyako. All Rights Reserved.
[PR]
by papaiya-lemon | 2013-12-21 10:16 | たぶん日々の雑記
イカと大根は似ているとおもうことについて。

この前ふっと、イカと大根に類似性を見出す瞬間に出くわしたので
本当に似ているのかどうかを実験してみました。


ーーーーーーーーーーーーーーーー


先日居酒屋でこんなものに出会いました。



THE イカの箸置き。

a0207705_220869.jpg



一目見てわたしはふっと思いました。




a0207705_221243.jpg






(ほら、こうすると…)
a0207705_2202448.jpg

(似てないですかね?)




a0207705_22224456.jpg





そして。
「こんなに似ているのだから、誰かもう既にこの事実に
気がついている先人がいるんではないだろうか」 と。


そう思い先ずは「イカ 大根 似てる」で
ググってみることにしました。




が。




a0207705_22327.jpg


あれ、おかしいな。

イ、イカ大根……


a0207705_22373429.jpg



イカ大根のレシピばっかり出てくるではないですか。


a0207705_2231632.jpg



というか、ほぼイカ大根のレシピしか出てこないのだけど。


a0207705_22375538.jpg

(美味しそうだけど)




おかしい。


さっきまでは強靭なものに思えていたイカと大根を
結んでいる線が、あっと言う間に不透明に感じられ
興奮気味だった脳内はさくっと平熱に引き戻されました。





そして思ったのです。

もしや。「イカと大根が似ている」説は、
わたしの脳の誤認識なのかもしれないと。



a0207705_22475413.jpg





ところで、話を突然転換しますが。

豚に真珠。
実写化をするとこうなります。
a0207705_284453.jpg

たしかに。ことわざのとおりに似合わない気がしますね。



が。



豚を、キャラクター化した物体に置き換えるとこうなります。
a0207705_29132.jpg

けっこう似合っちゃってますよね。



そんなわけで。 「キャラクター」というものは時に、事実とは
異なる見解を、産み出したりもするもんなんですきっと。

だから、イカの箸置きにおけるイカキャラも、おそらくこの摂理に
のっとりわたしに誤認識を与えているのかも、という気がしてきました。



ならばそれをきちんと白黒ハッキリさせておきたい気がする。



a0207705_2381333.jpg



というわけで。
それに伴い本物のイカと大根を買ってきました。

それぞれ、お互いをお互いに
似せてみようかとおもいます。



まずはイカ。
a0207705_2293421.jpg

a0207705_2294882.jpg

a0207705_2295823.jpg


こわい。

なんか睨まれている気がする……

そうだよね。あなたきっと、こんなことに使われるだなんて
思ってなかったよね。罪悪感がおしよせてきました。

そんな、そもそもは生き物だったイカ氏なので、あまりだいそれた加工はせず
「イカの形状をいかす!」(あ、だじゃれ)方向で大根に近づけていきます。



この上部のひだひだは、畳みこむのは、どうでしょうか。

a0207705_230296.jpg

a0207705_2301654.jpg




で。こんなかんじに。

a0207705_2311262.jpg


んーーーーーーーーーーーーーー。


それほど遠くはない… 気もしなくもないような。
まあ、第一印象から大根とは思わないでしょうが。
だってイカだし。

a0207705_23285371.jpg



葉っぱ的なものを装着してみたら、どうでしょうかね。

a0207705_2313574.jpg


装着、というか載せてみるかんじですけど。

a0207705_2315945.jpg




a0207705_23333363.jpg





イカはイカだけども、必死になにか別のものに
なろうとしている感じがふつふつします。

「こいつは大根になりたいんだよ」って言われたらまあ、
「へぇそっかー」くらいの反応はできそうな気がしますね。







さて。つづいて大根です。


目などを貼り付けてみました。
a0207705_2322898.jpg




どうでしょうか。



まだまだ大根の域は超えられてませんが、
「きっとこいつイカになってみたいんだなあ」と、
察しはつくような気がしますね。



いうならば、


a0207705_23372665.jpg



っていうかんじでしょうか。




ちょっと可愛くもしてみました。
a0207705_2324879.jpg


やっぱり。大根の枠を抜けられてはいないものの
イカになろうとしてる気はしますね。








a0207705_23395251.jpg




イカと大根は、コスプレ的なことで両者間の距離を
ちょこーっと埋められるくらいには遠くないんだけども、
やっぱり別物なんだなーという結論に至りました。



となると。

彼らをいちばん近い距離で結ぶものは、
コスプレではなくイカ大根のレシピなのかもしれません。

a0207705_0115369.jpg


a0207705_1915751.jpg



と。そう思い始めたおり彼らにあるひとつの共通点が発覚しました。


イカと大根。

どうやら、どちらも北海道や青森県からの漁獲量・出荷量が、
全国のなかでも上位なようなのです。

a0207705_20225496.jpg



つまり。
イカと大根という点を、北海道や青森という線で
つなげることができるというわけです。

a0207705_20241445.jpg

a0207705_20255955.jpg


…ならば。




北海道や青森県の方たちにむけ、こんなキャラを
提案していくのはどうでしょうかと思い立ちました。


a0207705_2394649.jpg



あ、そうだ。それぞれの県に特化したバージョンも
もう2パターン、考えてみましょう。




①北海道

a0207705_20261844.jpg


(じゃがいもの帽子かぶってみました)





②青森県

a0207705_240240.jpg


(りんご生えてみました)




ど、どうでしょうか。




ちなみに。北海道にはすでに沢山の
ゆるいキャラたちがいらっしゃるようですが。

というか、多過ぎでもう把握しきれないくらいに。
最近ではこんな狂った新人もいらっしゃるようだし。



そして。青森にもすでに沢山の
ゆるいキャラたちがいらっしゃるようですが。


こんなのとか。
(形状といい、名物といい、
非常にきれいにまとまっている気がする)


こんなのとか。
(長イモタイツとか、牛蒡の花とか、
ネギのしっぽとか、てんこもりすぎる気がする)


あ、もっともっとあるけど。


a0207705_20361787.jpg







追記

ちなみにイカの箸置きを見つけた居酒屋は、
水槽からすくいたて・さばきたてほやほやの
イカのお刺身が食べられるお店だったのですが。

a0207705_2335371.jpg


ご臨終の前に、あなたたちが食べるのはこのイカ
だよっていう報告までしてもらえます。

ちょっとまあ、複雑な心境ですが
イカの透明感に、目をみはらずにはられず。

a0207705_2341485.jpg


お刺身も、すけすけ。


ちなみに。

口に入れたおり最初に出てきたことばは

a0207705_2334392.jpg


……だったんですが。同行の人に
「や、刺身なんだから生はあたりまえでしょ。」って
すかさずつっこみをいれられてしまいました。


ですがね、センパイ。わたし思うんですよ。普段食べる
刺身のイカって、生というよりゴムっぽくないですかね。
だから瞬時に、ゴムではなく生ものだと察知できる
この感じはすごく貴重な気がするんですよ。

といってもゴムを噛んだことはまだないのですが。なので正確にいえば
「ああ、ゴムって噛むとこういう感じになるんだろうな。」っていう感じ。



そうそう、水槽の中の生存しているイカたちも
写真に書き込むという方向でデコしてみました。
a0207705_234338.jpg


 THE 大根が泳いでいる風。




かしこ


© 2013 NessieAyako. All Rights Reserved.

[PR]
by papaiya-lemon | 2013-12-19 07:41 | たぶん日々の日記
おにぎりの大きさや、あたたかさについてなどを考えてみている。

ところで、今日の昼時のわたしのつぶやき。


a0207705_173478.jpg



などと、ちょっと回りくどく言ってみましたが端的にいえばそう、

わたしのおにぎりはでかい。でかい気がする。


a0207705_174813.jpg



そう思ったんですよ。



そして。そんなでかいおにぎりを、ラップでくるんだだけの
ほぼむき出しな様相で会社の机の隅に載せてみていたんですが。

そう、なんといいますか。恥ずかしさとこそばゆさの中間くらい、
そう、猫じゃらしに耳のうしろをタッチをされたような。
(って、微妙な比喩をつかってみましたが痒さ的には同等じゃないかな)

そんな気持ちにかられてしまいました。


わたし=わりとよく食べる子だ、という説は、
これだけ社内で時間(※勤続7年目)を共にしているので
周囲にはもうすっかりバレているんですが、あらためてそれを
可視化して見せびらかしているような感じはどうにも照れくさくて。

a0207705_182444.jpg

もしかしたら。このプレイを1000000倍くらい、濃度をあげてみたら、
露出狂的ななにかにでもなれるんでしょうか。いやそんなことはないか。





それにしてもおにぎりって。
ほんと実にわかりやすく、フォルム・質量などに
食欲という制止しようのない欲求を直下で反映させられる気がする。

あらためて考えてみるとすごい。
自作をする食べ物のなかでも選りすぐりではないかな。

米の素材感、水分と穀類のほどよいバランス感もあいまって
視覚からの情報の理解や浸透の速度みたいなものが、とてもはやい気がする。



いや、でもだからこそ。見られると、ほんとそわそわとするんですがね。


明日からは、そんな欲望を可視化させた塊のことは
なにかでそっと隠蔽をしておこうとおもう。


秘密は多い方が楽しい。


そうそう。柚子胡椒のおにぎりは、すごく美味しいです。






ちなみに。

そんなおにぎりを温めてポケットにいれていたら
さながらホッカイロのようで、なかなかに好感触だったりもしつつ
上京当時、東京のコンビニではおにぎりを温めるか聞かれないという
ことに地味に驚愕していたことをふっと思い出しました。

a0207705_19274.jpg



たしか地元(群馬)のコンビニでバイトをしていたころ、
それをお客に聞くのデフォルトだった気がするんですが。

そしてお客側になった折もですね、あっためてもらうのが
自分のおにぎりビジョンではデフォルトだった気がするんですが。
(特にシーチキンマヨと五目ごはんはあっため必須だとおもっていた記憶が)

東京に埋もれて14年がたち、すっかりわたし、
冷めてるおにぎりをなんのためらいもなしに
口にする女になってしまったんだなあと。思ったりしました。


おにぎりは、あっためた方が美味しいうえホッカイロにもなる。

ああ、なんて素敵な。



この主張は地味に拡大していきたい。




追記

気になったので、都道府県別の
「おにぎりあっためますかって聞かれますか?」
の、データのようなものをちょっと調べてみました。



こんなのとか。
こんなのとか。こんなのとか。


そっかーそっかーそうなのか。

地図に可視化したやつの、完全版が見たい気がする。

誰かもう先人はいないだろうか。
自分でつくるのもありな気はする。





© 2013NessieAyako. All Rights Reserved.

[PR]
by papaiya-lemon | 2013-12-18 01:20 | たぶん日々の雑記
真夜中に豚を探している。


豚のフリー画像を探索していたさなかの気づき。




当初は、こんなかんじ (↓)だったのが

a0207705_1502944.jpg



ページをめくってたら、こんなかんじ(↓)になった。
 
a0207705_1503778.jpg






切ない、でもこれはもう食物連鎖ですよね……、って思いつつ
不意に食欲をもかきたてられてしまっている丑三つ時ややまえ。




© 2013 NessieAyako. All Rights Reserved.

[PR]
by papaiya-lemon | 2013-12-16 01:46 | たぶん日々の雑記


カテゴリ
全体
たぶん日々の日記
たぶん日々の雑記
たぶん北京の日記
たぶん講座の宿題
たぶん過去の日記
たぶん韓国の日記
たぶん旅写真
たぶんその他の諸々

以前の記事
2017年 02月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2014年 11月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2008年 02月
2008年 01月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧